新着タイトル

更新映画

更新アニメ

更新国内・海外ドラマ

パッセンジャーズ/Passengers

洋画(外国),洋画は行,サスペンス

パッセンジャーズ
『プラダを着た悪魔』『ゲット スマート』のアン・ハサウェイが、飛行機事故の生存者を巡る不可解な謎に巻き込まれていくセラピストを好演したサスペンススリラー映画。

ストーリー


悲惨な飛行機事故で奇跡的に生き延びた5人。航空会社から派遣されたセラピスト。生存者の精神的負担の軽減と、事故原因の究明の材料になればと実施されていく。生存者の語っていく内容、そしてセラピスト本人にも影響が・・・。
飛行機事故以外は、別にこれといって大きな事件が起きるわけでなく、ただ次々と事故の生き残りが消えてゆくってわけで、なんとなく展開は地味。
だけど、この映画の本質は違うところにあるので、クレアとエリックのドラマに集中していなければならないのだ。
普通のラブロマンスにちょっとだけサスペンスチックなスパイスを効かせた様な展開がダラダラと続く、その先に待つ結末は・・・
実に哀しくも優しい結末だったのだった。
悪因は物語的な膨らませ方(特に推理場面)が中盤まで秀逸なだけに終盤での迅速的な畳み掛け感(オチ部分)が単純に杜撰でもう少しサスペンスチックに舵取りした方がプロット的にも成功だったんじゃないと悔やまれる。描きたかった!伝えたかった!部分の魅せ方が物凄く中途半端で残念に思う。また悪役が誰一人登場しないのも不本意な演出だと思う。意外性という点で起爆材料にもなっただろうし。
良因は強いて挙げるなら場面描写やコントラストの魅せ方(静描写)が終始一貫して見事だったと思う。安定した水準(境界線)を途切れる事なく忠実に描き興味の持続は感じれる。是非オススメです!!

キャスト・作品情報


監督:ロドリゴ・ガルシア
出演:アン・ハサウェイ、パトリック・ウィルソン、デヴィッド・モース、ダイアン・ウィースト、クレア・デュヴァル、アンドレ・ブラウアー、ライアン・ロビンズ
脚本:ロニー・クリステンセン
音楽:エド・シェアマー
原題:Passengers
上映日:2009年03月07日
制作年:2008年
制作国:アメリカ
時間:98分
【hulu】【U-NEXT】【動画】【TSUTAYA】
【フル】【FOD】【dmm】【dTV】【とれまが】

【hulu】【フル】【vod】 【動画】 【ブログランキング】 【unext】 【FOD】
【MV】 【Abema】 【動画】 【dmm】 【楽天】 【FC2ランキング】