新着タイトル

更新アニメ

更新国内・海外ドラマ

感染創世記/Dead Genesis

洋画(外国), 洋画か行, ホラー(horror)

感染創世記
現代の戦争の意義を問いただす様に、ゾンビ社会におけるゾンビ狩りの意義をテーマにしたホラー作品。

ストーリー


ゾンビが蔓延した世界。
一時、世界は混乱の渦となるが、人類側も体制を整え反撃を開始、軍隊をつくってゾンビ討伐戦に乗り出すのだった。
しかし、ゾンビの数が圧倒的に多く、軍隊だけでは市民を守ることができず、市民が独自に自警団を結成した。
ジャーナリストのジュリアンは、自警団の実情をルポするため、自警団に同行し取材を行う。
当初、市民の平和を守るという崇高な目的で自警団が活動していると信じていたジュリアンであるが、取材を続けていくうちに、毎日ゾンビを殺し続けることで人間性を失いつつある自警団メンバーの実情や、殺したゾンビが身に着けている金品を奪い取ったり、女性ゾンビを娼婦として監禁し、そのゾンビと性交渉をするおぞましい光景を目の当たりにするようになる。
そして、自警団メンバーの一人が、ゾンビと誤って子供を誤射し殺してしまうという事件をきっかけに、自警団メンバーによる殺し合いまで起きてしまう。
更に、この事件で、取材を通じて仲が良くなったメンバーが、ゾンビの餌食にされてしまった上、ゾンビとして蘇ってしまったため、ジュリアンは、自らの手でそのメンバーを射殺して決着をつけるのだった。
対ゾンビ戦争の理想を信じて取材に臨んだジュリアンだったが、理想と現実のギャップに衝撃を受け、取材を終えるのだった。

ゾンビの造形は最近の低予算ゾンビ映画にしてはまあ頑張っている部類に入るけど、内容は駄目駄目。レポーターの主人公も民間のゾンビハンターを取材しているようには全然見えない。何しに来たんだ主人公。最大の見所は冒頭の母親ゾンビが自分の息子を食べているシーンが最大の山場かな。

キャスト・作品情報


監督:リース・イヴネッシェン
出演:エミリー・アラトロ、ライオネル・ボードラル、コリン・パラディン、エリン・スチュワート、トム・パーキンソン、リース・イヴネッシェン
脚本:リース・イヴネッシェン
原題:DEAD GENESIS
制作年:2010年
制作国:カナダ
時間:96分
ゾンビが支配する都市で、生き残った人間たちは自己防衛集団を立ち上げる。映像作家のジュリアンは、ある自己防衛集団に密着するが。
【hulu】【U-NEXT】【動画】【TSUTAYA】
【フル】【FOD】【mierutv】【dTV】

【hulu】【フル】【vod】 【動画】 【動画】 【ブログランキング】 【unext】 【動画】
【MV】 【FOD】 【クランクイン】 【dmm】 【abematv】 【FC2ランキング】 【とれまが】