新着タイトル

更新映画

更新アニメ

更新国内・海外ドラマ

TV-アニメ,TVアニメは行

八男って、それはないでしょう!
ファンタジー世界に転生した平凡な若手商社マンの一宮信吾が、バウマイスター騎士爵家の八男坊ヴェンデリンとして、家督や領地継承などが望めない絶望的な状況に立たされながらも、独立を目指していく姿を描く。

キャスト・作品情報


原作:Y.A(KADOKAWA刊)
原作イラスト:藤ちょこ
監督:三浦辰夫
出演:榎木淳弥、西明日香、三村ゆうな、小松未可子、M・A・O、下野紘、高塚智人、石上静香、杉田智和、ゆかな
シリーズ構成:宮本武史
キャラクターデザイン:田辺謙司
製作年:2020年
製作国:日本

ストーリー・サブタイトル


第1話「八男って、それはないでしょう!」商社勤めのサラリーマン・一宮信吾がうたた寝から目覚めると、 見知らぬ世界でバウマイスター家という貴族の息子・ヴェンデリン(ヴェル)という名の 5歳児になっていた。 戸惑いつつも、一先ず貴族の息子であれば食べるに困らないと安心するが、 実は僻地の貧乏貴族の八男である事実を知る。
第2話「お家騒動って、それはないでしょう!」
第3話「ボッチって、それはないでしょう!」
第4話「しがらみって、それはないでしょう!」
第5話「政略結婚って、それはないでしょう!」ホウエンハイム郷の所へ来たヴェルは孫娘エリーゼと出会う。その時、世間話程度で婚約の話をした際、婚約することになってしまう。ヴェルはエリーゼが本当に、婚約したいのかを確かめるためにエリーゼとお話がしたいと伝える。

第6話「弾丸出張って、それはないでしょう!」
第7話「魔法禁止って、それはないでしょう!」魔法禁止の武術大会。ヴェルにとって最悪な大会だが出場は絶対である。その大会に優勝を誓うパーティメンバーたちであった。
第8話「死亡説って、それはないでしょう!」ヴェル達のギルドにある任務がやってくる。その任務とは謎の古代遺跡の調査だった。ベテランギルドも多数この調査に向かったが今まで誰1人として戻ってこなかったことを聞くヴェルたちだった。
第9話「嫌われ者って、それはないでしょう!」ヴェルが死んだとうわさを流したものを探すため1人の男がヴェルの屋敷の敬語と一緒に任されることないなる。
第10話「クレーマーって、それはないでしょう!」ヴェルは冒険者となり委託された任務で子供の頃に住んでいた実家のもとへもどりアンデットとなった兵士の浄化をしにやってきた。無事浄化をすませたヴェルは村人たちにここの領主なって欲しいと頼まれる。しかも王宮もそれを望んでいると告げられる。


【hulu】 【U-NEXT】 【動画】 【tutaya】
【fod】 【dmm】 【動画】 【ブログランキング】

TVアニメさ行,TV-アニメ

新機動戦記ガンダムW オペレーション・メテオ
95年から96年にかけて放映され大ヒットしたTVシリーズ「ガンダムW」の魅力を凝縮した編集版。

キャスト・作品情報


監督:池田成
声優:緑川光、関俊彦、中原茂、折笠愛
原作:矢立肇、富野由悠季
制作年:1995年
制作国:日本

ストーリー・サブタイトル


【ODD&EVEN NUMBERS オペレーション・メテオ 1】

A.C.(アフター・コロニー)195――ヒイロ・ユイ、デュオ・マックスウェル、トロワ・バートン、カトル・ラバーバ・ウィナー、張五飛(チャン・ウーフェイ)という5人の少年がガンダムで地球に降下し、OZの軍事基地を襲撃した。「オペレーション・メテオ」と呼ばれるこの作戦により、当初はOZに大きなダメージを与えた少年たちだったが、その後、OZと地球圏統一連合による抗争に巻き込まれる。5人のパイロットには包囲網が敷かれ、ついにはOZの月基地に拘束されてしまう。

【ODD&EVEN NUMBERS オペレーション・メテオ 2】

月基地から解放された5人の少年を待ち受けていたのは、さらなる戦乱であった。完全平和主義のサンクキングダム再興と壊滅、リリーナ・ピースクラフトのロームフェラ財団代表就任、トレーズ・クシュリナーダの復活、コロニーの過激組織であるホワイトファングの台頭――激変する世界情勢の中で、5人の少年たちは共闘することを決意する。不毛な戦いを終わらせるために――。


【hulu】 【U-NEXT】 【動画】 【tutaya】
【fod】 【dmm】 【動画】 【ブログランキング】

TVアニメさ行,アニメ(anime)

新機動戦記ガンダムW Endless Waltz
A.C.196年、クリスマスイブ。リリーナ・ドーリアンは外交訪問中のL-3 X18999コロニーで拉致され、一人の少女に出会う。少女の名はマリーメイア。 先年死去した世界国家の元首でOZ総帥を務めたトレーズ・クシュリナーダを父に持 つという。少女が父の覇権を継ぎ新たなる戦いを宣言したその頃、ヒイロ、デュオは 独自のルートでX18999コロニーへの潜入を果たす。が、2人の前に敵となった 五飛とトロワが立ち塞がった!
監督:青木康直
声優:緑川光、関俊彦、中原茂、折笠愛
制作:吉井孝幸
脚本:隈沢克之
原作:矢立肇、富野由悠季
音楽:大谷幸
制作年:1998年
制作国:日本
時間:93分
かつての戦いから1年。全ての武力を放棄して平和への道を進む世界に対し、トレーズ・クシュリナーダの実子を名乗る少女マリーメイアを頂く、コロニー組織の黒幕であったバートン一族が地球圏支配を狙って「真の」オペレーション・メテオを再び画策。彼らは、放棄されたはずのMSリーオー他旧式戦力に新型MSサーペントを加えての武力侵攻と、平和の象徴でもあるリリーナ・ドーリアンを拉致し、地球圏へ宣戦布告を行った。
特務機関プリベンターを組織して、亡きトレーズの意思を継ぎ地球圏の平和維持に当たっていたレディはノインやポォと共に事態の収拾を図るが、対応に追われていたレディの前に「火消しの風・ウインド」を名乗るゼクスが現れ、プリベンターとして活動する権限と封印されたトールギスIIIを貸し与えるように願い出た。そして同じく、マリーメイア軍の暴挙に対抗すべくヒイロとデュオも行動を開始し、カトルも先の戦いの終結後、太陽に向けて飛ばすことで廃棄予定であったガンダムの封印を解く。しかしその前に立ちはだかったのはマリーメイアの軍門に下ったトロワ、そしてガンダムパイロットの中でただ1人ガンダムを手放していなかった五飛だった。マリーメイア側についた五飛は、1年前にあれほどの戦火を体験したにもかかわらず、何も変わらない人々に業を煮やし、自らもトレーズとの決着と、戦いそのものへのこだわりから抜け出せないでいた。
敵のふりをしていたトロワの手を借り、マリーメイア達が画策した真のオペレーション・メテオを阻止したものの、サーペント部隊はすべて地球へ降下してしまう。一足先にウイングガンダムゼロを受領したヒイロだが、再び五飛が戦いを挑んでくる。しかし、過去の悲劇に苦しむヒイロは敢えて五飛の一撃を受け、海へと落ちた。その頃トロワ達は「オペレーション・メテオはこうあるべき」と、廃棄されるはずだった3機のガンダムに搭乗、地球に降下しマリーメイア軍の大部隊に挑む。ゼクスとノイン、デュオ、トロワ、カトルはマリーメイア軍の圧倒的な物量を前にしながら、以前と異なりパイロットを殺さないという困難な戦いに挑み、徐々に追い詰められていく。
そこに到着したヒイロは、半壊した機体に一斉攻撃を受け続けながら、ひたすらマリーメイア軍の指令部をツインバスターライフルで撃ち続ける。負け続けながらも、真っ向から戦う彼らの姿勢に打たれた人々は、自ら立ち上がり平和を望む声を上げる。それを見た五飛は、平和は武器を持たず立ち上がることによって勝ち取るものだと、自らのこだわりにピリオドを打つ。そしてヒイロは、バートンに傀儡として祭り上げられていたマリーメイアを空砲の銃の引き金を引いて「殺し」、表舞台から降ろすことで、地球圏における戦争の歴史に真の幕を引いた。


【hulu】 【U-NEXT】 【動画】 【tutaya】
【fod】 【dmm】 【動画】 【ブログランキング】

アニメ(anime),アクション

ストレンヂア 無皇刃譚
ストレンヂア 無皇刃譚(ストレンヂア むこうはだん/Sword of the Stranger)
『鋼の錬金術師』などを手掛けたBONES制作によるアニメならではの動きの気持ちよさを存分に感じられる完全オリジナル時代劇アニメーション。

ストーリー


天下を統べる者を失い、度重なる合戦の果てに下克上がまかり通り、力ある者も野盗に堕して無法が横行する戦乱の時代――。
はるか中国大陸から身よりを亡くした一人の少年が、禅僧祥庵に連れられて海を渡り、日本へと辿り着いた。その名は仔太郎。
だが、仔太郎の身体の秘密を求め、明国の武装集団もまた、上陸を果たしていた。祥庵の庇護も失い、天涯孤独となって愛犬・飛丸と赤池の国・白土の万覚寺を目指す仔太郎は、とある荒寺で自らの名を捨てて刀を封印した奇妙な剣士名無しと巡り逢った。
大陸の刺客に襲われ、危ういところを名無しに救われた仔太郎。不敵な笑みを浮かべる浪人と他人を拒む少年は、最初こそ互いに反目を覚えたものの、やがて道中をともにすることになっていく。
一方、追っ手の大陸勢で頭目を務める老人白鸞は、赤池国の領主と追撃の連携を取りながらも、仔太郎を捕らえた後に行う怪しい儀式の準備を始めていた。その一味の中でも異彩を放つ金髪碧眼の剣士羅狼だけは、一味の最終目的を意に介せず、命令に従いつつも、ひたすら強い相手を求めて己の刃をふるい続けていた。
やがて仔太郎の秘密は、あまたの野心を触発し始め、数々の思惑が激流となって人びとを巻きこんでいく。旅の中で互いを認めあい、絆を深めていく名無しと仔太郎。互いの実力に引き寄せられていく羅狼と名無し。宿命の縁に結ばれた二人の漢〈おとこ〉の、刃を交えるときが迫っていた。

不死、一国の主、姫への恋… それぞれの人物が密かに持つ熱望が、細やかに自然に示されています。誰もが望みのために戦い生きている。だが戦いの中で、儚い雪のように次々に果てていく、厳しい戦いの描写は抜かりありませんでした。
そして残った名無しと羅狼。やはり、最後の戦いのシーンはとりわけ感動的であり、迫力がありました。たくさんの戦士たちの生を踏み越えた二人の、最後の衝突。あまりに贅沢な舞台立てに、鳥肌がたちます。もはや、この映画自体が、この戦闘のために作られたものとすら思われた程です。
そんな濃密な大見せ場に、アクション描写の説得力は十二分でした。次の一瞬でどちらかが死ぬんじゃないか思わせる迫力・重厚感。アニメならではの異常な技や術も楽しめますが、本気で相手を殺そうという気迫もかなり上質でした。
ラストのアクションの原画を手がけた方が中村豊さんらしいです。個人的には中村さんは、躍動感のあるポージング、動きのコントラスト、リズムのバランス感といった表現に、極めて長けた方だと思っています。今作でどういう仕事をしているのか、詳しくは知りませんが、私はこの映画をきっかけに中村さんに注目するようになりました。

キャスト・作品情報


監督:安藤真裕
声優:長瀬智也、知念侑李、竹中直人、山寺宏一
脚本:高山文彦
制作年:2007年
制作国:日本
時間:102分
乱世に名を捨て自ら抜刀を封じた浪人・名無しと、明朝に刺客として仕えながらも満たされぬ思いを抱く剣士・羅狼が、少年・仔太郎を巡り宿命の激突へと向かう。


【hulu】 【U-NEXT】 【動画】 【tutaya】
【fod】 【dmm】 【動画】 【ブログランキング】